HOME > WORKS

山崎 肇 シャンソン教室

 
来日した、フランスのオーケストラや歌手たち、超一流の音楽家達と40年にわたって一緒に仕事をした先生が舞台で培った垢抜けた歌唱法を指導いたします。
(略歴はこちらでご覧下さい)
一般的にシャンソンと言われる今の歌手とは、歌い方がだいぶ違います。
伴奏はコンピューターで作るバンド演奏で、とても唄いやすく、キーもテンポもすぐ変更できます。フランス語でのシャンソンは、日本では知られていない名曲のストックがたくさんあります。
フランス語が難しいと思われる方には、カナを振り、優しく発音を勉強 します。
もちろん、日本語訳詩のシャンソンも大歓迎です。
一年に二回、ヤマハ銀座スタジオで発表会をしています。
料金は一時間一万円です。入会金なし。
 
山崎 肇 
〒141-0022 品川区東五反田2-19-7 303  
電話/ファックス:03-3449-6078
e-mail:hajime1717@me.com

朝日カルチャー新宿教室「シャンソンを歌いましょう」

 
開催:毎月第2木曜:第4木曜、3ヶ月単位で全6回の開催
   2018年開催日 10/11, 10/25, 11/8, 11/22, 12/13, 12/27
時間:18:30 - 20:00
受講料:19,440円(朝日カルチャー入会金 5,250円 3年間有効)
場所:新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター 03−3344−1945
 
大変明るい、楽しい雰囲気で行なわれています。
シャンソンは全て日本語で勉強します。
フランス語を理解する先生が選ぶ日本語の歌です。
伴奏は、CDカラオケで誰にでも合うキーが用意されています。
バラードはピアノ伴奏。
6ヶ月ごとの最終日は、優秀なピアニストを呼んで、生徒の好きな曲を伴奏して
もらい、コンサート会場と化します。
選曲は皆様にもお任せいたします。
時々はフランス語のシャンソンもあります。
 
朝日カルチャーのページへ

Vivre pour Vivre / パリのめぐり逢い

 

2017年にフランスで録音されたアルバムです。
今回もパトリス・ペイリエラスがプロデュース&アレンジしてくれました。
 
試聴とネットからのダウンロード販売はしばらくお待ちください。
CDでの購入をご希望の方は、山崎 肇までご連絡ください。
また、コンサート会場でも販売しておりますので、ぜひご来場記念にお求めください。

Aimer / 愛する

 

2012年にフランスで録音されたアルバムです。
曲のアレンジと伴奏をやってもらったパトリス・ペイリエラスは、1990年頃にレイモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラの日本ツアーでキーボード奏者として活躍していた時に知り合いました。その後、彼はフランスでも指折りのアレンジャー&プロデューサーとなり、2018年には「男と女」「白い恋人たち」「ある愛の詩」など数々の映画音楽作品を生み出したフランシス・レイから、自身のオーケストラの日本公演にあたり、その企画や編曲そして指揮までを任されるまでになった人物です。
1曲目〈Aimer 愛する〉と14曲目〈Funambule 綱渡り師〉はパトリス・ペイリエラスのオリジナルでとても美しい曲。他の曲は全てシャンソンスタンダード。全曲フランス語です。
 
ネットからもダウンロードで購入できます。
また以下のサイトでは、各曲とも一部をサンプルで聴くことができます。
Apple iTunes
Amazon Music
 
CDの方はペイリエラスのオリジナル2曲のフランス語歌詞と訳詞やペイリエラスからのメッセージなどもご覧いただけますので、CDのご購入をお勧めします。 
購入をご希望の方は、山崎 肇までご連絡ください。